冷熱の衝撃を試験するには?

おすすめ商品

2022/7/27

冷熱の衝撃を試験するには?

冷熱衝撃試験(熱衝撃試験)は、試験体を高温・低温にさらし、急な温度変化に対する耐久性を評価する試験です。 近年、自動車部品や電子機器、金属製品、樹脂製品などを対象に重要性が注目されていますが、試験を受けるためには計測機器と計測技術が欠かせません。 こちらでは、試験の内容や機器の説明、衝撃試験の重要性などについて解説します。 冷熱衝撃試験(熱衝撃試験)とは現実に起こる故障を想定すべき試験冷熱衝撃試験の目的とは冷熱衝撃試験はどのようなシーンで採用されているか三弘の代行試験「SANKO Test Lab」SAN ...

続きを読む

《2022年版》密回避・換気アラートサービス【cooTH】製品レビュー!

おすすめ商品

2022/7/27

《2022年版》密回避・換気アラートサービス【cooTH】製品レビュー!

ウイルス感染を予防するために「換気の悪い『密閉空間』を避ける」「多数が集まる『密集場所』を避ける」「間近で会話や発声をする『密接場面』を避ける」という、いわゆる「3つの密」を避けることが広く呼びかけられています。 この「3つの密」の中で、わかりにくいのが「換気の悪い『密閉空間』を避ける」です。 換気をしなければならない状況というのは、人が直感的に把握することはできません。 また、暑い時期や寒い時期など屋内と屋外とで寒暖差が激しい季節には、定期的な換気と言われても、最小限にとどめたいと考えてしまいがちです。 ...

続きを読む

残留した塩素を測定する方法とは?

おすすめ商品

2022/8/8

残留した塩素を測定する方法とは?

幼稚園や保育園、小中学校といった学校では、環境衛生の検査として水道水(飲料水)、給食(厨房)、プール水の塩素濃度(残留塩素)を測定します。 夏場にはプールがあり、残留塩素の測定は日本全国で行われています。 そんな中、新型コロナウィルス感染症対策としても塩素濃度の管理がとても重要となっています。 今回は、注目を集めている「残留した塩素を測定する方法」と、そのために使うことのできる製品も一緒にご紹介していきます。 残留塩素の種類遊離残留塩素結合残留塩素残留した塩素を測定する方法DPD(ジエチル-p-フェニレン ...

続きを読む

糖度計の原理や使い方を徹底解説

おすすめ商品

2022/7/27

糖度計の原理や使い方を徹底解説

果物にどの程度の糖が入っているのか見る時に、糖度計を使います。 どの程度の甘さがありそうかを知る手段にもなっていて、よく果物売り場でも「みかんの糖度は○度です」と書かれ、購入の目安にもされています。 今回は糖度計について、原理や仕組み、使い方などを中心に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 糖度計とは?Brix(ブリックス)とも言われている厳密には糖分=甘いではない糖度計の原理や仕組みとは?屈折計非破壊糖度計糖度計を選ぶ時のコツ本格的に出荷に向けて使う場合予備も兼ねて2台以上準備しておく測れ ...

続きを読む

《2022年おすすめ》テスター(デジタルマルチメーター)5選

おすすめ商品

2022/7/27

《2022年おすすめ》テスター(デジタルマルチメーター)5選

電圧や電流を測定する際に強い味方になってくれるデジタルマルチメーターは、正確さや使いやすさから多くの現場で使用されています。 現在、多機能で高性能なデジタルマルチメーターが多数あるため、どれを選べば良いのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、今人気の多機能・高性能なデジタルマルチメーターをご紹介します。 デジタルマルチメーターの選び方おすすめのデジタルマルチメーター5選FLUKE デジタルマルチメーター Fluke 179フルークカスタム デジタルマルチメーター CDM-600 ...

続きを読む

《2022年おすすめ》パルスオキシメーター5選!(日本製あり)

おすすめ商品

2022/7/27

《2022年おすすめ》パルスオキシメーター5選!(日本製あり)

新型コロナウイルス感染症対策として、注目されているパルスオキシメーターについてご紹介していきます。 パルスオキシメーターは、動脈血酸素飽和度と脈拍数を採血することなく測定することができ、新型コロナウイルス感染症の影響による呼吸機能の状態を客観的に把握するために使われています。 新型コロナウイルス感染症に感染された方の経過観察として用いられる場合や、風邪の症状により呼吸の状態を把握される場合にご家庭で活躍することができますので、ぜひ家庭に1つ用意しておくと便利です。 パルスオキシメーターとはパルスオキシメー ...

続きを読む

ノギスの目盛の読み方を徹底解説!

おすすめ商品

2022/7/27

ノギスの目盛の読み方を徹底解説!

ノギスは、物の幅、穴の深さ、パイプの直径や内径などを測る際に欠かせない測定器具です。 ただ、複雑な構造をしているため、初めてノギスを手にされる方は、一体どうやって使ったら良いかで悩んでしまうかもしれません。 目盛りの読み方がまったくわからないという方もいることでしょう。 そこで、本記事では「ノギスの目盛りの正しい読み方について」徹底解説します。 ぜひ参考にしてみてください。 ノギスの主な構造と各パーツの名称ノギスの構造ノギスの正しい持ち方と測り方ノギスの測り方の基本測定時に使用するパーツアナログノギスの目 ...

続きを読む

ノギスとは?種類についてもご紹介

おすすめ商品

2022/7/27

ノギスとは?種類についてもご紹介

ノギスは、ものづくりの現場で欠かせないアイテムです。 測定対象物をジョウと呼ばれる部分へ挟み込むことで、外側や内側や深さなどの寸法を正確に測定できます。 ただ、ノギスには、いろいろな種類があるため、目的に合ったものを選ばなくてはなりません。 本記事で、ノギスの特徴や主な種類について詳しくお伝えしていきます。 ノギスについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。 そもそも「ノギス」とは?ノギスの構造メインスケール(本尺目盛り)バーニアスケール(副尺)外側ジョウ内側ジョウ(クチバシ)デプスバースライ ...

続きを読む

《2022年おすすめ》騒音計5選!

おすすめ商品

2022/7/27

《2022年おすすめ》騒音計5選!

騒音計は、たくさんの種類があります。 製品によって搭載している機能や測定周波数範囲などが異なるため、どれを買うかで迷う方もいることでしょう。 頻繁に騒音を測定するのであれば、使い勝手についてもよく考慮して選びたいところです。 本記事で、おすすめの騒音計をご紹介していきます。 そもそも「騒音計」とは?騒音計選びのポイントとは?4つの騒音計の種類精密騒音計普通騒音計簡易騒音計検定付き騒音計2022年版おすすめ騒音計5選!リオン 普通騒音計 NL-42AK (検定付き)リオン 精密騒音計 NX-42EX付きセッ ...

続きを読む

ATP検査(A3法)とは?活用分野やポイントも解説

おすすめ商品

2022/7/27

ATP検査(A3法)とは?活用分野やポイントも解説

食中毒やアレルゲンをしっかりと予防したいと思っても、人間の肉眼で見える菌はほとんどいません。 明らかに汚れている、カビが発生しているなど見えていれば予防できますが、そうでなければきれいだと感じそのまま作業をしてしまいます。 お客様や患者様が利用するような場所では、菌をそのままにしてしまうと後から食中毒や感染症のリスクを高めるため大変です。 こちらでは、簡単に衛生管理ができるATP検査(A3法)について解説していきます。 ATP検査(A3法)とは?すでに導入している企業も多いATP検査(A3法)のメリットそ ...

続きを読む

《2022年おすすめ》自由研究3選(2年生対象|小学生低学年向け)

おすすめ商品

2022/8/8

《2022年おすすめ》自由研究3選(2年生対象|小学生低学年向け)

小学生の長期休暇の定番課題といったら何が思い浮かびますか? 課題の中でも内容選びや進め方で意外と苦戦するのが自由研究です。 毎年夏休みになると、研究テーマを何にするかで悩む小学生や親御さんも多いのではないでしょうか。 あれこれと迷っていると時間が過ぎてしまい、あっという間に夏休みが終わってしまいます。 そのため、できるだけ早い時期に自由研究のテーマを見つけておきたいところです。 そこで、本記事では小学生の自由研究で人気のテーマやおすすめアイテムなどについてお伝えしていきます。 小学生の自由研究ではどんなテ ...

続きを読む

《2022年おすすめ》自由研究3選(4年生対象|小学生中学年向け)

おすすめ商品

2022/8/8

《2022年おすすめ》自由研究3選(4年生対象|小学生中学年向け)

お子さんの自由研究のテーマといったら、昆虫採集、天候観察、身近なものを使った工作などが定番です。 小学校の中学年になると、より高度なテーマに取り組むお子さんも増えてきます。 ロボットづくりに興味があるという小学生もいるのではないでしょうか。 そこで、本記事では、小学生でも無理なくチャレンジできるロボット制作キットをいくつかご紹介します。 小学生の自由研究のテーマと相性が良いキットを3点ほど厳選しました。 ぜひ、本記事を参考にして、最適なキットを選んでみてください。 小学生の自由研究テーマとして、ロボット制 ...

続きを読む

《2022年版》ミツトヨのノギス商品のメリットをご紹介

おすすめ商品

2022/7/8

《2022年版》ミツトヨのノギス商品のメリットをご紹介

ノギスを使って、より正確に寸法を測りたいと考えている方もいるでしょう。 評判が良く使いやすい商品を探しているのであれば、実際に使っている人たちからの信頼がある「ミツトヨのノギス」商品がおすすめです。 こちらでは利用するにあたってのメリットやミツトヨで出している商品の種類、おすすめの製品を紹介していきます。 ネットなどで探してみても、ノギスを取り扱っている企業は多々あります。 同じような商品を販売していますが、正確性の面では一緒とは限りません。 ミツトヨのノギスを利用するメリットについて紹介していきます。 ...

続きを読む

《2022年版》熱中症の症状(頭痛・下痢)とは?対策する方法も徹底解説

おすすめ商品

2022/7/8

《2022年版》熱中症の症状(頭痛・下痢)とは?対策する方法も徹底解説

近年は夏になると40℃前後の気温になるエリアが全国的にも広がっています。 この時期に気になるが熱中症です。 熱中症にならないためにも、熱中症の症状の把握や熱中症対策について詳しく解説していきます。 熱中症とは?熱中症には怖い後遺症があることも熱中症の症状について頭痛、めまい、ほてり筋肉痛、だるさ、けいれん、筋肉の硬直尋常ではない大量の汗体が熱を持つことや皮膚の異常下痢意識がない、まっすぐ歩行できないⅠ度の症状Ⅱ度の症状Ⅲ度の症状おすすめしたい熱中症対策日ごろからこまめな水分補給を塩分の補給しっかりとした質 ...

続きを読む

《2022年版》ルシパックの製品レビュー!

おすすめ商品

2022/7/8

《2022年版》ルシパックの製品レビュー!

特に夏など暑い季節になって注意しなければならないのは、食中毒ではないでしょうか。 飲食店を経営していたり食品関係の仕事に就いていたりする方は、特に衛生面には気を使うと思います。 普段使っている調理器具など消毒を行っているつもりでも、実は見えない菌がそのまま残っていて食中毒の原因になる可能性があります。 少しでも衛生面に気を使い、食中毒などをお店で起こしたくないのであれば「ルシパック」がおすすめです。 これから購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。 実は消毒を念入りにしたつもりでも残っているか ...

続きを読む

テスターの使い方や電流の測定方法を解説

おすすめ商品

2022/6/30

テスターの使い方や電流の測定方法を解説

電流や電圧、抵抗といった電気関連の測定をしたい場合は、デジタルマルチメーターが人気です。 デジタルマルチメーターの使い方や電流の測定方法を解説していきます。 電気測定のエキスパートデジタルマルチメーターの種類デジタルテスターカスタム デジタルマルチメータ M-02FBアナログテスターデジタルマルチメーターのタイプハンドヘルドのデジタルマルチメーターベンチ・トップのデジタルマルチメーター電流の測定方法参考単位測定の単位測定の手順カスタム クランプ付きデジタルマルチメータ MC-01U電流測定の注意点電流測定 ...

続きを読む

ノギスの使い方や測り方を解説《初心者でも簡単》

おすすめ商品

2022/6/30

ノギスの使い方や測り方を解説《初心者でも簡単》

工具の一つとして使われるノギスというものをご存知でしょうか。 ノギスという名前は知らなくても、恐らく一度は目にしたことがあると思います。 クチバシのようなものが付いた、対象物の厚みを測る工具です。 今回はこのノギスの測り方について、初心者の方でもわかりやすいように解説していきます。 ノギスとは?ノギスの種類アナログ式ミツトヨ 530シリーズM型標準ノギス N10R 530-100デジタル式ミツトヨ 500シリーズIP67ABSクーラントプルーフキャリパ CD-P15S 500-702-20ダイヤル式ミツト ...

続きを読む

デジタルノギスとは?使い方のコツや仕組みを解説

おすすめ商品

2022/6/30

デジタルノギスとは?使い方のコツや仕組みを解説

ノギスは昔から使われてきた計測器ですが、近年ではこのツールもデジタル化されました。 定規などでは測定しにくい物体の外径や内径を手軽かつ正確に測ることができるため、プロの現場ではもちろんのこと、家庭のDIYでも広く活用されています。 ここでは誰でも簡単にデジタルノギスが使えるように、コツや仕組みを解説します。 デジタルノギスとは電池問題もクリアしつつあるデジタルノギスの使い方各部名称使い方ステップ1:電池と原点をセットするステップ2:ABSかINCか確認するステップ3:実測する0セットなしで測定開始できるデ ...

続きを読む

ルシパックとは?使い方や用途を徹底解説

おすすめ商品

2022/6/30

ルシパックとは?使い方や用途を徹底解説

食品を取り扱う施設では、HACCP対策や食中毒対策のために徹底的に衛生管理を行うことが欠かせません。 ここでは、ATPだけでなくADPやAMPなど幅広い汚れや菌を検出でき、ATPふき取り検査(A3法)で用いられて、今注目のアイテム「ルシパック」について解説します。 食中毒リスクを見える化するアイテムわずか10秒でリスクを数値化従業員の衛生意識を上げる簡単な操作で使用可能ルシパックの使い方ルシパックの種類をご紹介ルミテスターSmartの使い方ルミテスターSmartとルシパックのセットはこちらルシパックの活用 ...

続きを読む

《2022年版》二酸化炭素濃度計の精度ランキング5選(10万円以下で購入)

おすすめ商品

2022/6/30

《2022年版》二酸化炭素濃度計の精度ランキング5選(10万円以下で購入)

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進む中、引き続き感染対策を行うことが何より重要となります。 そこで今回は感染対策の一つで、換気タイミングを適切に数値で見ることのできる「二酸化炭素濃度計(CO2センサー)」について取り上げます。 様々な種類がある中で、どんな精度に着目したら良いのか、お手頃な価格で購入できるのかをぜひ参考にしてみてください。 二酸化炭素濃度計(CO2センサー)はどういう機器なのか二酸化炭素濃度計(CO2センサー)とは二酸化炭素濃度計(CO2センサー)の精度《2022年版》二酸化炭素濃 ...

続きを読む

おすすめ商品

《2022年おすすめ》簡易水質計器(ポータブル水質計)8選!PH計の選び方。

簡易水質計器(ポータブル水質計)8選!PH計の選び方。

簡易水質計器(ポータブル水質計)はpH計として知られており、プールや河川、工場排水や農地などの水質調査に用いられている計器です。
持ち運びが簡単なコンパクトサイズの機器が多く、ハンディ型、卓上型、定置型などがあります。

pH計は水溶液の酸性、アルカリ性の濃度を測定する機器です。
pH計を用いて測定する前に、pH値が正確な標準液に浸け、正確な値を記憶させる作業が必要です。
この作業を校正と呼んでいます。

標準液にもいくつかの規格があり、校正点が異なるので注意が必要です。

ここからは2022年おすすめ、簡易水質計器(ポータブル水質計)8選をご紹介します。

ハンナ 土壌用pHテスター HALO2 HI 9810302

NEWハンナHALO2HI9810302

用途別に15種類ある中でHI 9810302は、土壌に直接突き刺すことでpHをダイレクトに測定できる1台です。
円錐状の電極先端部とオープンジャンクション構造により、土壌への突き刺しやすさや付着物による詰まりの最小限化、洗浄のしやすさも考慮されています。

pHを測定することで、作物にとっての育ちやすい環境を知ることができるので、農業現場での測定に最適です。
また、土壌以外の溶液(液体)の測定もできるため、水耕栽培の養液管理でも活躍します。
その他にも大学やラボ・野外・食品・ワイン・ビール・化粧品など業界問わず使用することも可能です。

さらに、Bluetoothを搭載しているので、スマートフォンやタブレットがpH計に早変わりします。
Bluetooth接続で無料の専用アプリ(Hanna Lab)を利用すれば、簡単にデータ送信も行えます。

堀場製作所 コンパクトpHメーター LAQUAtwin pHシリーズ

コンパクトpHメーター LAQUAtwin pHシリーズの2商品をご紹介します。

堀場製作所コンパクトpHメーター

堀場製作所 コンパクトpHメーター LAQUAtwin pH-11B

平面センサーへ滴下するだけの微量測定が可能で、酸性・アルカリ性を0.1mLのわずか一滴で数値化できます。
ビーカーも使わないため、どこでもすぐに測定が可能です。

pHをはじめ、測定対象に合わせて電気伝導率(導電率/EC)・イオン・塩分の7成分10機種を揃えています。
測定完了を安定マークで通知してくれるので、測定者を選ばず簡単な操作で実施できます。
IP67準拠(防水・防塵構造)なので安心
して使用でき、コンパクトなボディとケースで持ち運びもスムーズです。

用途としては、熱帯魚の飼育水や河川・湖沼・温泉・排水・土壌・発酵・醸造・化学・薬品・学校教育など幅広く使用できます

主な機能

  • 標準液自動認識
  • 標準液NIST/USA選択可能
  • オートスタビリティ機能
  • 防水・防塵構造(IP67相当)
  • 自動温度補償
  • 自動校正
  • オートホールド
  • オートパワーオフ(30分)
  • バッテリー残量表示
  • センサ交換可能

堀場製作所 コンパクトpHメーター LAQUAtwin pH-33B

LAQUAtwin-pH-11BLAQUAtwin-pH-33Bの主な機能面での違いは、「温度センサ調整機能」になります。
また、他にも分解能や温度表示範囲、校正点数や精度といった点などで違いがありますので、ぜひ比較検討いただくことをおすすめします。

主な機能

  • 標準液自動認識
  • 温度センサ調整機能(LAQUAtwin-pH-33Bのみ)
  • 標準液NIST/USA選択可能
  • オートスタビリティ機能
  • 防水・防塵構造(IP67相当)
  • 自動温度補償
  • 自動校正
  • オートホールド
  • オートパワーオフ(30分)
  • バッテリー残量表示
  • センサ交換可能

佐藤計量器 ペンタイプpH計 SK-670PH

佐藤計量器ペンタイプpH計SK-670PH

センサー部形状がφ12×L115mmと細長いので、フラスコをはじめ、口径が小さな容器に直接入れて測定することが可能です。
精度の高いpH測定が可能な3点キャリブレーション機能や自動温度補償(ATC)機能も付いています。

20分後に自動的に電源が切れるオートパワーオフ機能も付いており、無駄な充電消費もありません。
防水規格JIS C 0920 IPX4に準拠しているので、濡れた手でも安心して操作ができます。

東亜ディーケーケー ポータブルpH・ORP・イオン計 HM-40P

東亜ディーケーケーポータブルpHORPイオン計

PH、ORP(電極別売)、各種イオン(電極別売)、温度(イオン電極は除く)といった幅広い測定項目があります。
スリムなデザインなので手に持ちやすく、操作がしやすいのも便利です。
最大5点校正に対応しており、カスタムLCDにバックライト機能が搭載されているので、薄暗い場所でも数値が見えやすいです。
1,500データのメモリ機能が搭載されているので、多くのデータを保存管理できます。

計器本体の防水構造 IP67で、水深1m、30分以内であれば、浸漬しても有害な影響を受けません。
粉塵が内部に侵入しなく、アルカリ単3電池2本で最大約2,000時間も使用できるエコ設計です。

マザーツール デジタルPHメーター PH-201 

マザーツールデジタルPHメーターPH-201

軽量・小型で、簡単操作で使いやすいpH計です。
測定範囲は0~14pHで、数値調整ボリュームを使用して簡易校正ができます。

電池残量が少なくなると、液晶上にローバッテリーを示す「LOBAT」の文字が表示されます。
本体背面にスタンドが付いているので、卓上置きスタイルでも使用しやすいです。

用途によりpHセンサーを付け替えて測定でき(付け替え用のpHセンサーは別売)、pH7 基準液標準付属も付属しています。
プール・水槽・食品・水処理施設などの水質管理に最適です。

Greisinger 防水型コンパクトpH計 G1500

Greisinger 防水型コンパクトpH計

G1500は手のひらサイズの小型防水pH計で、大型のディスプレイを採用しているため見やすいです。
電池寿命は、単3乾電池×2個使用で3000時間です。

測定範囲は0.00~14.00pHで、IP67の防水防塵性なので安心して使えるほか、最大/最小値の自動ホールド表示機能もあります。
さらに、無駄に電池を消費しないオートパワーオフ機能なども搭載されており、コンパクトながらも機能が充実しています。

アズワン マルチPHメータ 392R

アズワン マルチPHメータ392R

1台でpHをはじめ、温度とORPの測定ができます。
※ORP測定には別売センサー(1-5678-23)が必要です。

測定データの最大値と最小値メモリが表示され
バックライト機能も付いているため、暗い場所でも数値が見えます。
その他にも、データホールド機能やオートパワーオフ機能が搭載されています。
測定範囲は、pH/0~14、ORP/0~2000mV、温度/0~+50℃です。

CyberScan ポケットタイプ pH計 pHTestr10

ポケットタイプpH計pHTestr10

読みやすさを強化したデュアルディスプレイにより、総合的なテスター情報を大きなLCDから確認できるというメリットがあります。
また、防水・耐ハウスダストでIP67防水規格に準拠しているため、厳しい環境下でもテスターの整合性を維持し、水にも浮かび上がります。

最大校正点は3点までで、2種類の標準校正液 - USA方式とNIST方式 -を選択できます。
また、自動で校正液を認識できるため、ボタンを押すのみで素早く簡単な校正を間違いなく実施できます。

その他にも、オートパワーオフ機能(無操作時の電池消耗を防ぐ)やホールド機能(読取値が固定)、簡単なトラブルシューティング用に自己診断機能(例、電池インジケーター、メッセージコード出力)が付いているため、快適に測定が可能です。

1度の電池交換から、約500時間まで使用可能のため省エネです。

用途としては一般(プールや温泉、水族館、水栽培での素早く正確なpH測定に最適)、産業(冷却塔、食品加工での水質確認など)、学術(学校や多くの研究機関、生態学研究など)といった幅広い分野で活躍できます。

まとめ

2022年おすすめの簡易水質計器(ポータブル水質計)は、コンパクト設計で機能が充実していて、尚且つ防水性能に優れたものが人気です。
また、デザインはもちろんのこと電池寿命や測定範囲・データ記録量など製品によって違うところもあるので、
用途に合わせて適切な製品を選び、快適な測定を行うようにしましょう。

-おすすめ商品